黄蓮谷右俣

  • 2018.12.27 Thursday
  • 23:00
甲斐駒ケ岳 黄蓮谷右俣

2018/12/26〜27
メンバー:まとの、O塚
報告:まとの

26日晴れ
竹宇駒ケ岳神社7:20⇒五合目12:10⇒六丈の沢下降、坊主の滝14:00⇒坊主の滝上でビバーク15:00

はじめての甲斐駒ケ岳、黄蓮谷で不安70パーセント期待30パーセントで朝の神社駐車場に集合。平日のせいもあってか車は数台だけ。長〜いで定評のある黒戸尾根に入る。今回は天気が安定する二日間で下りてくる計画で、軽量化してルート上でビバークなのだが…重い。。不安が5%上がる。刃渡りの下から路面が凍結してくるが雪は少ない。黄蓮谷への下降は六丈沢から。急な沢だか雪が少ないせいもあり、問題なく坊主の滝下部へ降り立つ。休む間も無く、O塚君に急かされ滝に取り付く。氷の氷結はまーまー、O塚君リード。滝の上は広くて快適なビバークポイントがあった。アルファ米と味噌汁とハムのディナー後就寝。わりと暖かく夏用シュラフでも寒くはなかった(個人の感想)



五合目から七丈の滝を望む
坊主の滝上の快適なビバークサイト


左俣の様子、チムニー滝は完全につながっていないように見える。


27日晴れのち雪

坊主の滝3:30⇒甲斐駒ケ岳12:00⇒五合目15:30⇒甲斐駒ケ岳神社20:00
2時起床、二人ともあまり眠れず。買ったばかりジェットボイルの高性能ぶりを二人して褒めちぎりながらチキンラーメンをすすり3時半発。最初の滝のみロープを出したが、あとはフリーで行く。奥千丈の滝は雪で埋まっていた。所々きわどいミックスで沢を詰めていく。アメ車並みのパワーで終始O塚がラッセルしてくれる。こちらは中古の軽並みで、ついて行くのがやっと。最後の尾根に取り付くところで、隣の尾根に取り付いてしまい、バリエーションルートを1本余計にこなして12時山頂着。




天気は冬型になり雪雲が広がってきた。早々と山頂を後に下山する。七丈小屋で長い下山に備え水を作る、ここでもJB活躍。刃渡りを過ぎた辺りから陽が暮れだす。あとはGPSで現在地を確認するO塚君の残念なお知らせを度々聞きながら、ヘロヘロになって駐車場にたどり着き、17時間半の行動を終了した。

西上州碧岩西稜

  • 2018.12.19 Wednesday
  • 17:07
西上州碧岩西稜

2018/12/12
メンバー:まとの、I島、他1


三段の滝登山口8:15→碧岩山頂15:10→登山口16:30
低気圧の通過で前日の夜から霙、集合時には雨に変わる。テンションは上がらないが、とりあえず登山口まで行ってみる事にする。

立派なトイレのある、三段の滝登山口に着く頃には雨も上がって薄日が差してきた。

濡れた木道と落ち葉に滑りながら、三段の滝を超え取り付きを探す。目印の赤布を見つけ斜面を上がるが、はっきりとした取り付きがわからず、何となく登れそうな所からスタート。ビショビショの脆い苔付きの岩と、細ーい潅木をダマしダマしホールドにして、西上州らしい泥くさい登攀。

しばらくはロープは使わずに行くが、濡れた岩と泥で滑りそうなので、安全策でロープを出す。今回は30mロープにしたので、ピッチの刻みも細かく、3人という事もあり、ジリジリと時間が遅れ出す。



上部に近づくにつれ、岩稜がスッキリしてきて、岩も安定してきた。しかも乾いてる!風も強く寒かったが、山頂まであと少しのはず。なんとか明るいうちに下山したい。



簡単な岩と藪のピッチを抜けると、標識のある山頂に出た。時刻は15時をまわっている。暗くならないうちに下山したいので、短い休憩の後下り出す。
一般道を急いで下り、なんとか明るいうちに戻ってくることができた。

西穂

  • 2018.12.16 Sunday
  • 23:00

西穂高岳

 

2018.12.15-16

矍澄γ單

 

 

怪我後初の雪山へ行ってきました。

初日はのんびりと西穂山荘まで。

予想外に天気が悪く、到着早々アルコール消毒・・

夜は折しも双子座流星群のピークということで、流れ星に願い事をしてきました。

翌朝はうって変わって快晴。

気温は高いもののなかなかの強風でした。

強風のせいなのか、独標を過ぎると大勢いた人はぐっと少なくなりました。

核心のトラバースあたりで引き返す人も多く、ピラミッドピークには2,3パーティーのみとなりました。

ピラミッドピークから西穂の間で出会ったのは1パーティのみ。

午後から崩れる予報であったので、先を急ぎました。

人気のない、稜線を楽しみながら慎重に下山。

まだ、雪も少なく短い行程でしたが、強風が冬山風味を演出してくれました。

 

記:矍

 

 

スルヤピーク 5144m

  • 2018.12.01 Saturday
  • 23:00

山岳医療研修@ネパール

2018.11.26-12.1

 

国際登山医学会に合わせて企画された山岳医療研修旅行に参加してきました。

カトマンズから悪路をバスに揺られること5時間。

途中、山道のスレ違いが出来なくなる緊迫のシーンなどもありつつ、ドゥンチェ(1960m)に到着。

©Kenro Nakajima

©Kenro Nakajima

1日ずつシンゴンパ(3320m)⇒ラウナビヤ(3910m)⇒聖地ゴサインクンド(4380m)と標高をあげていきます。

毎日天気が良く、4年間に登ったマナスルまで見渡すことができました。

今回の旅のバラサーブ(隊長)は天国ジジイで有名な(?)登山家の貫田さんです。

シンゴンパではYAK(正しくはNAK)のチーズを購入。

©Kenro Nakajima

ゴサインクンドは湖の綺麗なヒンドゥ教の聖地のひとつ

そして今回のサーダーは昨年のアマダブラムでもお世話になったPasangです。

気心の知れたSherpaさんが一緒なのはとてもリラックスできます。

ゴサインクンドでは実際にプレッシャーバッグ、酸素ボンベを使用して低酸素や高度障害の改善の体験を行いました。

幸い自分は高度障害の症状はでなかったので、毎晩ビールやククリラムを楽しむことができました。

 

©Kenro Nakajima

ゴサインクンドから目指したのはこちらのスルヤピーク(5144m)

 

トレッキングピークだと油断していたら、思いのほか浮石の多いガレ場で、リハビリ中の足には少しつらかった。

でも、装具を付けて無事に山頂に立つことができました。

今回アテンドして下さったのは、三浦隊メンバーでもある山岳医の第一人者の大城先生と、

シスパーレ未踏ルート登攀でピオレドール受賞された登山家の中島健朗さんという豪華メンバーでした。

©Kenro Nakajima

怪我をしていなかったら行くこともなかなかないトレッキング。

色々な出会いもあり、とても充実した満足度の高い旅となりました。

 

記:矍

 

 

 

西上州 高岩

  • 2018.11.18 Sunday
  • 19:43
2018年11月17日
メンバー:まとの、E藤

西上州の岩藪山は木の葉の落ちた11月がベストシーズンだと、個人的には思っている。遠目にも尾根のラインが見えるからだ。ビバーク訓練が中止になったので、気になっている立岩に出かけた。

高岩登山口8:00−コル8:30−雄岳9:20−P2 10:50−八風平登山口11:50


碓氷軽井沢インターからドカンとそびえる岩塔、登山口はインターのすぐ近く。相変わらずヤブ多めのドロミテの様相。







ますば雄岳。3段30mのチムニーは意外と狭くて、ザックが少し引っかかるがノーロープで行ってみる。3段目が7mぐらいの完全垂直で、落ちると助からないのでロープをつけた。チムニーを抜けても山頂まで気が抜けない尾根が続く。チムニーの下りは懸垂下降。30mのロープでジャスト2ピッチ。
降りると、若者2人組とガイド山行風パーティがやってきた。モノ好きは我々だけではなかった。




いったんコルに戻り一服した後P1を踏み、P2へ。ここはフリーではヤバイのでロープを出した。わざわざ登るの?!って距離だが、やはり登りたくなる。ボルトは過剰なくらいあるので安心だが、カラビナをあまり持ってこなかったので、ランニングはかなり間引いた。頂上は絶景!
懸垂支点から尾根まで下降。こちらも30mでジャスト。って言うかギリギリ(^_^;)
P3もいちおう踏んで、高岩コンプリート!しっかりとした登山道を下り八風平登山口へ出た。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM