西上州 高岩

  • 2018.11.18 Sunday
  • 19:43
2018年11月17日
メンバー:まとの、E藤

西上州の岩藪山は木の葉の落ちた11月がベストシーズンだと、個人的には思っている。遠目にも尾根のラインが見えるからだ。ビバーク訓練が中止になったので、気になっている立岩に出かけた。

高岩登山口8:00−コル8:30−雄岳9:20−P2 10:50−八風平登山口11:50


碓氷軽井沢インターからドカンとそびえる岩塔、登山口はインターのすぐ近く。相変わらずヤブ多めのドロミテの様相。







ますば雄岳。3段30mのチムニーは意外と狭くて、ザックが少し引っかかるがノーロープで行ってみる。3段目が7mぐらいの完全垂直で、落ちると助からないのでロープをつけた。チムニーを抜けても山頂まで気が抜けない尾根が続く。チムニーの下りは懸垂下降。30mのロープでジャスト2ピッチ。
降りると、若者2人組とガイド山行風パーティがやってきた。モノ好きは我々だけではなかった。




いったんコルに戻り一服した後P1を踏み、P2へ。ここはフリーではヤバイのでロープを出した。わざわざ登るの?!って距離だが、やはり登りたくなる。ボルトは過剰なくらいあるので安心だが、カラビナをあまり持ってこなかったので、ランニングはかなり間引いた。頂上は絶景!
懸垂支点から尾根まで下降。こちらも30mでジャスト。って言うかギリギリ(^_^;)
P3もいちおう踏んで、高岩コンプリート!しっかりとした登山道を下り八風平登山口へ出た。

御座山北西稜

  • 2018.11.05 Monday
  • 20:58
す2018.11.5
メンバー:まとの、K津、E島
数年前、岩塔基部までで引き返した北西稜に、今度は登攀装備でリベンジした。
山口登山口 7:30 北西稜末端 8:10 上部岩稜取付 10:55 御座山山頂 13:55 山口登山口 15:50


登山口に車を停め、林道を少し歩くと尾根が見えるので、適当な所から取り付くと尾根の末端に出る。しばらくは開けた快適な尾根歩き。下山時に気づいたが、登山道を一旦登ってから取り付いた方が時間短縮できる。

遠くに目指す岩塔が見えてくる。

尾根の所々に美しく、フワフワの苔が癒してくれる。

藪と格闘数時間後、ドカーンと岩塔の基部に出る。

1P目 40m 5.6 まとのリード
リッジを右寄りに凹角から。リッジに戻りテラスへ。腕くらいの立木と、小サイズのカムが少し使える。全てのホールドとスタンスはテスト必須です。テラスへのっこす所のガバは特に注意を。

2P目 40m 5.6R リードまとの
出だしのリスにナッツが決まる。硬めの岩に期待が高まるが、すぐに動く岩の塊にもどる。最後は20m弱のランナウト。
ここからロープを外して、慎重に2つの岩塔を超えていく。
程なくして山頂に出た。

下山の山口ルートは廃道の心配があったが、新しいテープもしっかりしてあり、難なく下山。

黒斑山@リハビリ

  • 2018.08.04 Saturday
  • 23:00

黒斑山ハイキング 

2018.8.4 

高濱他1名

 

1月に靭帯をブチっと切ってから、なりを潜めていましたが、ボチボチ復活。

運動不足&増量で息切れ著しく・・・

2時間以上かけて登頂。

下山は表コースから・・

なぜか延々こんな障害物が設置されていることに。

術後の身にはこのハードルはつらい・・

 

岳沢春山合宿

  • 2018.05.07 Monday
  • 20:18
岳沢春山合宿
2018年5月3日〜6日

メンバー:CLまとの、SLえんちゃん、K津、A井、S会長

ゴールデンウィーク前半は、非の打ち所がない晴天続きであったが、後半は5〜6日がなんとか回復する予報で、しょぼしょぼ雨の中、佐久を出た。
5月3日
佐久5:20→沢渡7:30→上高地9:00→岳沢BC12:20
天気が悪いからだろうが、ゴールデンウィークとは思えない静かな上高地は、雨具を着るか着ないか微妙な感じ。暑くなりそうなので着ないで出発。重荷に喘ぎつつ岳沢入り口から登山道に入ると、ななんと、登山道が川に!昨日よっぽど降ったのか、ベテラン先輩もこの時期でははじめてらしい。

川状登山道もいつしか通常登山道に戻り、岳沢カールまで行く。雪が無い…雪渓が無いので、雪の残った夏道を小屋まで歩く。

小屋のテン場は空いていたが、指定されたトコにテントを設営する。

早速にビールで入山祝いの乾杯をすると、訓練する気も失せ、飯の支度に入る。今回の食担さんはたっぷり生鮮野菜とお肉、豆腐などを用意してくれ、重たかったが豪華な食事となった。初日はすき焼き。

夕方から風と雨が強くなり、雪に変わった。
5月4日
4時に起きるが、強風と雪。モチベーションも上がらずに二度寝する。本日は停滞とする。会長がビールを担いで上がって来てくれた。「なんだ、訓練してねーな」と言われつつも、そのまま宴会に突入。昔話から国際問題まで幅広く会話を楽しんだ。晩飯はキムチ鍋。
5月5日
早朝から風と雨が降っている。しばらく様子見して、それでもとテン場近くに訓練に出かけた。会長のアドバイスで、氷化した雪面を、アックスのブレードを使ってスタンスのカッティングをする。会長が下山してから、フィックス技術や竹棒デッドマン、スノーポラードでの下降実証、スタンディングアックスビレーの訓練を行った。スタンディングアックスビレーでは、ロープの制動停止の時に、流したロープでテムレスが溶けるのが実証された。今年新調したのに(涙)

午後から天気が回復してくる。

晩飯は豚汁。
5月6日

BC5:40→前穂高岳9:05→BC11:20→上高地16:30 岳沢の上にも3日。ようやく晴天になり、奥明神沢から前穂高岳を目指す。

沢の状態は良好で、アイゼンをきかせて登って行く。途中、長野県連のシラビソ山の会パーティーとすれ違った。若い女の子も何人かいて賑やか。こっちはオジサン3人。がら空きの山頂で絶景を楽しみ下降に向かう。

下りは腐り始めた急な雪面を緊張しながら下降する。明神からたくさんの登山者が下ってくる。テン場に戻り、また重荷に喘ぎつつ上高地まで戻り今年の合宿を着る終えた。

唐松岳

  • 2018.03.31 Saturday
  • 23:00
2018年3月31日
メンバー:S、K津、まとの

佐久4:30ー白馬村6:00ー八方池山荘8:10ー上のかんば9:35ー丸山10:30ー唐松岳11:44ー上のかんば13:10ービーコントレーニング ー八方池山荘14:55

昨年12月に行った雪上訓練の唐松岳は悪天候で登頂出来ず、リベンジを誓ったSさんをリーダーに、快晴100%の予報の日に行ってきました。
始発のゴンドラに乗るべく、早出してきたもののすでに大勢の先着が。チケット売り場には150人ほどの列ができる。八方池山荘に着くと、大勢の登山者がすでに列になって尾根を歩いてる。初めて使うビーコンチェッカーを使用後歩きだす。
気温はマイナスであるものの、すでに汗をかきそうな感じで、薄着で歩きだす。
雪は場所によって硬いところとザラメ状の所あるが、アイゼン無しで登って行く。
グリベル率76%の我々以外の皆さんはアイゼンを装着している。我々は上のかんばからと唐松頂上山荘下のコルからアイゼンを履く。
唐松岳山頂の混雑には開口だが、ロケーションの素晴らしさには変えられない。

午後になるとザラメは更にまし、アイゼンを脱いで下りる。時間に余裕があったので、途中でビーコントレーニングをして下山した。
それにつけても、30〜40代の登山者が多いことを実感。装備はいい物を持っているけど、明らかに初心者同士のパーティーも多く、アクシデントにどれだけ対応できるのか心配してしまう。最近の遭難事故が低年齢化している事も偶然ではない気がする。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM