黄蓮谷右俣

  • 2018.12.27 Thursday
  • 23:00
甲斐駒ケ岳 黄蓮谷右俣

2018/12/26〜27
メンバー:まとの、O塚
報告:まとの

26日晴れ
竹宇駒ケ岳神社7:20⇒五合目12:10⇒六丈の沢下降、坊主の滝14:00⇒坊主の滝上でビバーク15:00

はじめての甲斐駒ケ岳、黄蓮谷で不安70パーセント期待30パーセントで朝の神社駐車場に集合。平日のせいもあってか車は数台だけ。長〜いで定評のある黒戸尾根に入る。今回は天気が安定する二日間で下りてくる計画で、軽量化してルート上でビバークなのだが…重い。。不安が5%上がる。刃渡りの下から路面が凍結してくるが雪は少ない。黄蓮谷への下降は六丈沢から。急な沢だか雪が少ないせいもあり、問題なく坊主の滝下部へ降り立つ。休む間も無く、O塚君に急かされ滝に取り付く。氷の氷結はまーまー、O塚君リード。滝の上は広くて快適なビバークポイントがあった。アルファ米と味噌汁とハムのディナー後就寝。わりと暖かく夏用シュラフでも寒くはなかった(個人の感想)



五合目から七丈の滝を望む
坊主の滝上の快適なビバークサイト


左俣の様子、チムニー滝は完全につながっていないように見える。


27日晴れのち雪

坊主の滝3:30⇒甲斐駒ケ岳12:00⇒五合目15:30⇒甲斐駒ケ岳神社20:00
2時起床、二人ともあまり眠れず。買ったばかりジェットボイルの高性能ぶりを二人して褒めちぎりながらチキンラーメンをすすり3時半発。最初の滝のみロープを出したが、あとはフリーで行く。奥千丈の滝は雪で埋まっていた。所々きわどいミックスで沢を詰めていく。アメ車並みのパワーで終始O塚がラッセルしてくれる。こちらは中古の軽並みで、ついて行くのがやっと。最後の尾根に取り付くところで、隣の尾根に取り付いてしまい、バリエーションルートを1本余計にこなして12時山頂着。




天気は冬型になり雪雲が広がってきた。早々と山頂を後に下山する。七丈小屋で長い下山に備え水を作る、ここでもJB活躍。刃渡りを過ぎた辺りから陽が暮れだす。あとはGPSで現在地を確認するO塚君の残念なお知らせを度々聞きながら、ヘロヘロになって駐車場にたどり着き、17時間半の行動を終了した。

春日アイス

  • 2017.12.03 Sunday
  • 23:00

春日渓谷

2017.12.3

高濱他 1名

 

春日渓谷は何度か行ったことがありましたが、初めてマルチに出かけてきました。

F1-F4まで氷結していて登ることができました。

F1 羽衣の滝

若干薄めでしたが、スクリューも効きました。F2は右岸の短い氷。

右側の垂直部分をのぼりました。

F3はナメ滝でKくんリード。

リードの練習には最適です。

最終のF4全体に水が流れていましたが、

一番左端の傾斜のある部分が乾いていたのでこちらから。

下降は同ルートを懸垂で降りました。

シーズン初めの手慣らしにはちょうど良かったです。

峰の松目アイス

  • 2017.11.28 Tuesday
  • 23:41

メンバー:O塚、K房(会員外)

今年初のアイスは例年通りの峰の松目へ。寒気が去った後で氷結が心配なところです。

道を迷いつつ、F1へ。凍ってました。

F2は薄い。辛うじて繋がっていました。

気になりながらどうにか繋がった中間部。

核心部は心配でしたが真ん中が辛うじて登れました。

コルへ着いてからのラッセルが大変でした。。

今年は八ヶ岳以外も登りたいなと思いつつ。

アイス納め

  • 2017.04.08 Saturday
  • 23:00

八ヶ岳・南沢大滝

2017.4.8

青木・高浜他1名

 

冬にしがみついている3人で行ってきました。

充分発達してはいるものの、気温が高くて水がジャージャー。

でも、アックスも良く刺さるし、ずぶ濡れになりつつも楽しく登ってきました。

小滝から大滝のアプローチには側壁からの雪崩のデブリが堆積していました。

ここ1週間で雪崩たようです。偶然遭遇すると重い雪なのでダメージありそうです。

高浜は2本リードして満足してシーズン終了しました。

まだ納めない人も1名・・

 

 

 

上高地の氷瀑

  • 2017.03.20 Monday
  • 23:00

上高地氷瀑

2017.18-20

高濱他 青鬼2名+1

 

今年も上高地氷瀑へ行ってきました。

大正池に着くと素晴らしい景色が迎えてくれました。

これだけでも来る価値ありますねー。

テントを設営してから中千丈沢へ。

坂巻温泉が満車で出遅れたせいか、人気ルートの「Z」がちょうど空きました。

下段部分(后砲鬟蝓璽匹靴泙靴拭

が、途中アックスを落としてしまって、選手交代・・・

この滝はまさにZでカッコイイですね。

「Z」の後はリベンジ?でコメット(-検砲鬟蝓璽匹靴峠蘰は終了。

 

2日目は一角獣へ。1P目(検砲鬟蝓璽鼻

時間がかかったせいか、1番に取りついたのに、隣からなど3組入ってしまって、

登りと下降の渋滞ですごい待ち時間になってしまいました。

というわけで、2日目は一角獣のみで終了。

 

最終日はジョーズへ。

ホントにジョーズが口を開けたみたいです。

最終日は地元の青年Iくんも合流しました。

こちらはシングルなので左(+)をTRで何回か遊びました。

の後、一角獣が空いたので、3P目(后砲鬟蝓璽匹靴泙靴拭

1日目からの不甲斐なさをなんとか最終日に挽回しました。

楽しかった~。大・満・足!!!

 

 

 

兜岩山アイスクライミング

  • 2017.03.13 Monday
  • 00:00


兜岩山アイスクライミング


2017年3月12・13日

メンバー…青ちゃん・やっちゃん・さっちゃん 他3名


こんな近くに楽しめる氷瀑があったんだ〜と驚き

まずはナメネコフォール40メートルから。標高は低いのに3月でも硬い氷に感動。左ルート4級位を楽しむ。右ルートは薄氷で5級位かな?


移動して、カプコロン・30メール垂直の氷瀑。青空に映えて綺麗な氷瀑に感動!

ハングあり凹角ありの変化が楽しめましたよ。

垂直が長いので手応えあり。

湯川アイスクライミング

  • 2017.03.08 Wednesday
  • 00:00

2017年02月26日

やっちゃん&さっちゃん


乱菊は水が流れていて危ないのでトップローブで少し楽しみ、ミニトアンソに移動して楽しみました。