栂池バックカントリー

  • 2017.05.04 Thursday
  • 23:00

栂池BC

2017.5.3-4

高浜 他3名

 

栂池自然園にベースを張って、付近を滑ってきました。

5/1の積雪が30cm以上あり、弱層が気になったので、白乗斜面を登るのは避けました。

初日は船越の頭まで3.5hのハイク。

稜線では雷鳥がお出迎え。

滑りたい斜面は斜度もあり、亀裂も入っていたので、稜線を少し移動して、ドロップ。

まだシュプールの無い気持ちのいい斜面を滑ることが出来ました。

翌日は、天狗原までの短いハイクでしたが、これまた快適なバーンを頂いてきました。

 

 

 

 

立山 春スキー 2016

  • 2016.04.20 Wednesday
  • 23:00


立山 春スキー 2016 前編

2016年4月19-20日
メンバー:サイゴ、こぬぱん


何度も言いますが、一年で一番楽しみにしている立山スキーです。
例年だと気温が上がるGW明けを狙っていくのですが、
今年は雪が期待できそうにないので、連休前にしてみました。

4月19日
DAY 1


↑ この時期のアルペンルートは激混みするので要注意です。
扇沢8時〜室堂10時に到着。 ピ、ピーカンではないですか!


↑ しかし、あっという間にガスに包まれてしまい、冬さながらに変貌してしまいました。
二日前に雨が降り、その後も気温が低かったためアイスゲレンデと化しています。


↑ 視界10mのガスの中、プチリングワンデリングして、なんとなくミクリガ池へ。
ようやくガスは晴れましたが、どこもかしこもガリガリ君やぁ。


↑ ところが、地獄谷東側の斜面に飛び込むと、いい感じに雪が緩んでいました。
風の影響が少ないことと、地熱が高いせいか?
しつこく4回登り返して滑りまくりました。


↑ 雷鳥カワユス

雷鳥荘にチェックインしてからは、
ビール → メシ → 温泉 → 気を失う のいつものルーティーン。
 

4月20日
DAY 2




↑ 高気圧来ましたよ、と。
今日は雷鳥沢〜龍王岳〜東一ノ越〜タンボ平〜黒部平駅の行程です。


↑ 雷鳥沢中間部からはカッチカチだったので、アイゼン登高に切り替えます。
何人か滑落しているのを目撃しました。


↑ 誰もいない雷鳥沢。 下部は雪が緩んできて快適になりました。


↑ 龍王岳を狙ったんですが、一ノ越は暴風で稜線に出られなかったので、
あきらめて東一ノ越へトラバースを開始しました。


↑ 微妙な軟雪で、緊張します。


↑ 期待していた東一ノ越は、ガリガリでした。
自分が削った氷の破片が追いかけてきて、バンバン当たって痛いッス。


↑ しかーし、いつもデブリで苦しむ中間部からは、この日一番のコーンスノーが!
こんなに楽しくタンボ平を滑ったのは初めてです。


↑ 珍しく動画を撮ってもらったので、アップしてみました。


↑ 終電間際の黒部ダムにも、たくさんの観光者がいて驚きました。
今年からスキーケースの使用が義務付けられたので、こんな姿になっています。

さて、今回はハズレかと思いきや、最後の最後にご褒美が待っていました。
悩んでいないで来てみるものですね。




 

白馬乗鞍〜天狗原

  • 2016.04.02 Saturday
  • 23:00
白馬乗鞍バックカントリースキー
天狗原
2016.4.2



スキー仲間7名で白乗へ行ってきました。
栂池スキー場からゴンドラ、ロープウェイを乗り継いで無風快晴の中、歩くこと1時間。
天狗原に到着です。


約1週間前に雪が降った後、雨がないのでこの時期にしてはかなり良いコンディション。
11時過ぎには乗鞍岳頂上付近へ到着しました。
大斜面の上部でゆっくりお昼を食べて、東南の岩の下のやや斜度の緩い個所を落としました。
去年は縦溝攻撃に会いましたが今回は快適♪
南東の過去雪崩発生個所の急斜面の雪庇の下をトラバースしているパーティーがいてドキドキしました。
今回は雪も少ないし、人数も急遽増えて初心者(といっても2級くらいかな?)も加わったので、
遠出はせずに天狗原からそのままスキー場に下りました。
ヘリスキーのコースをトラバースして鵯峰につながる尾根側の斜面を楽しみました。


場所によりストップスノーの個所がありましたが、トレースもそれほどなく概ね快適。

時間もたっぷりあったので、ここを登り返して、反対側をおかわりしました。
来年は、少人数体力部隊で少し遠征したいな。
その後は買ったばかりの道具を初下ししてテレマーク練してきました。


テレマークは難しいな。足が前に出ない・・・

記:矍




 

白馬 八方尾根 春スキー

  • 2016.03.22 Tuesday
  • 23:00


白馬・八方尾根 春スキー始発便
2016年3月22日
メンバー:サイゴ、こぬぱん


今シーズンは八方尾根を集中攻撃しています。
ルート取りや雪質の変化に、だいぶ習熟しました。


▲ 下界はガスで視界がありませんでしたが、標高を稼いだら雲上に抜けました。


▲ 丸山(2,361m)山頂に到着。 気持ちいいです。


▲ いい歳したオッサン2人組で記念撮影大会。 キモくてごめんなさい。


▲ 北面はカッチカチのアイスバーンだったので、今日は南面を集中的に攻めます。
まずは、スティープな大岩シュートへ。
フィルムクラスト気味で、気持ちよく板が走りました!


▲ 気温が上がるにつれてザラメ化して、コンディションがますます良くなるものだから、
何度も登り返して、パチンコしました。


▲ 余すところなく、すべて美味しく頂きました。

パウダーシーズンが終了してさみしい反面、春ザラメの好シーズンが到来しました。
あっという間に雪が無くなりそうですが、しつこく滑ります♪



 

白馬 山スキー おかわり

  • 2016.02.25 Thursday
  • 23:00


白馬周辺 山スキー
2016年2月25日
メンバー:さいご、TAKEさん

昨日の雪が良かったので、おかわり山スキーです。
TAKEさんと久しぶりのフォトセッション。








 

白馬 八方尾根・無名沢 山スキー

  • 2016.02.24 Wednesday
  • 23:00


白馬 八方尾根・無名沢 山スキー
2016年2月24日
メンバー:サイゴ、他

前夜に降雪がありました。
スキーヤーにとって新雪はごちそうですが、同時に、積雪の不安定要素でもあります。
積雪安定性の評価によっては、滑らずに帰る覚悟で山スキーへ向かいました。



↑ 八方ケルンの辺りから丸山を望む。
美しい斜面ですが、2004年に雪崩で一人亡くなっています。



↑ 丸山でピットチェックを行い、諸条件を踏まえて滑走することにしました。
急斜面・ノール地形・ウィンドスラブを避ける、アバランチパスの通過に注意するなど、ルールを決めます。
雪は、水分の少ない最高の粉雪でした。



↑ ダケカンバが点在するオープンな斜面から、細い沢へと吸い込まれていきます。
逃げ場のない、緊張する場面です。



↑ 唐松沢と合流したのちに南滝が現れます。
写真左の尾根の上から高巻くルートもありますが、私たちは滝の右岸を下降することに。



↑ 新雪に地形が隠れてしまい、踏み抜きが怖かったのでロープを出しました。


↑ 細いスノーブリッジを素早くスキーで通過したり、ガリガリの急斜面をトラバースしたりと、なかなかテクニカルでした。
湯の入沢の渡渉では水量が多かったのでブーツを濡らして渡るはめに…。

無名沢はルートへのアクセスが容易な反面、下部では登山の総合力が必要だと感じました。
こういうルート、好きだな。


 

八方尾根 ガラガラ沢 山スキー

  • 2016.02.02 Tuesday
  • 23:00


八方尾根 ガラガラ沢
2016/2/2
メンバー:さいご、こぬぱん、ふなちゃん

積雪が少ないシーズンですが、地道に滑っています。
しばらく雪が降り続いたので、積雪が安定した頃合いを見計らって八方尾根のガラガラ沢へ行きました。


↑ 八方尾根は、相変わらずの強風でした。 気温も低く、ゴーグルとバラクラバで防御しないと凍傷になります。


↑ 朝イチで乗り込んだので、まずは南面の大ヌケを1本。意外にも雪質は良かったです。
その後、ガラガラ沢へ向かい、派生ルートを1本滑って(ミスではない…よ)登り返し、いよいよ本谷です。
ガスっていて、ルートはおろか、雪の起伏もほとんど見えません。


↑ 極上パウダーに恵まれました!


↑ 視界は悪いけど、ガンガン攻めます!


↑ 誰もいないガラガラ沢を独占しました。 ふなちゃんも雪と戯れて楽しそう?


↑ このあとの渡渉も問題なく渡れました。 二股まで雪がつながっていたので、快適な帰路となりました。
 

白馬乗鞍岳 親沢 敗退…

  • 2016.01.13 Wednesday
  • 23:00


白馬乗鞍岳 親沢 敗退…
2016/1/13
メンバー:サイゴ、こぬぱん

私こと、正月合宿前日に腰を痛めてしまい、計画は中止に。
まとのアニキ、ごめんなさい。

ようやく回復したので、調子に乗ってスキーに来てしまいました。


↑ 今日は親沢を目指します。 あちこちで外人パーティの姿を見かけるようになりました。
山頂で話をしたのはベルギーから来た3人組。ひーはー連発してました。


↑ 今日も一応、ピットチェックやCTを行います。
 広大な斜面の一部でテストをしても、その結果ですべてを判断することはできないです。
数日前からの天候・気温の推移、風向きや地形なども考慮にいれて判断しています。


↑ 山頂は相変わらず雪がありません。 強風の中、親沢の源頭まで歩きました。
…がしかし、親沢の源頭で目にしたのは、岩がゴロゴロ露出している、ただの崖でした。
意気消沈して、また歩いて戻ることに。


↑ タイムロスしている間にガスに覆われてしまいました。
まぁ、こんな日もあります。 また出直してきます!

 

白馬乗鞍岳 山スキー シーズンイン

  • 2015.12.22 Tuesday
  • 23:00


白馬乗鞍岳 山スキー
2015/12/22
メンバー:サイゴ、こぬぱん

雪が全く降らなくて、天気図とにらめっこする日々が続いていました。
が、ようやく今シーズン初のバックカントリーへ出かけました。

 

↑ 今年もピーカンパウダーコンビは健在です。 誰もいない山は気持ちがいい。
 

↑ 毎回、地表まで掘ってピットチェックやCTなどをやります。 積雪深はわずか120cm…。少ない。
 

↑ 雪煙を吐き出す小蓮華山がカッコいいです。 山頂付近はそこそこ強風でした。


↑ あとは重力に任せて滑るだけ。 あー、相変わらず内倒伸一郎になってるよ…。

今シーズンもバンバン肺を燃やして、あるがままの自然の雪を滑りますよ〜。

立山 春スキー

  • 2015.05.15 Friday
  • 23:00

立山 春スキー 最終便

2015年5月13〜15日 (投稿者:サイゴ)

メンバー:サイゴ、他1名

正直に言って、この立山・春スキーが一年で一番楽しみにしている山行です。
ところが今回、入山日に台風の通過があったり、アルペンルートの黒部ケーブルカーが故障で運休したりと、波乱の幕開けとなりました。



5月13日(水) DAY 1

扇沢(08:00)− 黒部湖(08:35)− 黒部平(10:35)− 室堂(12:00)− 山崎カール − 雷鳥荘(15:00)



黒部湖から黒部平までは登り上げることにしました。
係員が、スキーを担いだ我々二人組を見つけるたびに『室堂までいかれませんよ!』『雪で登山道はありませんよ!』と忠告してくる。



かんぱ谷橋を渡ったところで適当に斜面を登ります。
ケーブルカーで5分のところを、2時間かけてハイクアップしました。



正午にやっと室堂に到着。 気温が低く風も強い。
直前に立山でスキーをした友人から『雪が少なくて、シワシワだらけ』との助言どおり、コンディションはひどい有様。



山崎カールを目指すものの、あたり一帯はカリンコリン星。
滑落したら鞍部まで転がって帰れそうです。



面白くもなんともないので、早めに切り上げて雷鳥荘へ向かうことにしました。
スキーの後は、温泉 → ビール → 昼寝 → メシ → ビール → 寝る と至福の時間を過ごしました。


5月14日(木) DAY 2

雷鳥荘(7:45)− 別山乗越(09:50-10:00)− 別山(10:36-11:05)− 剣沢(11:15)− 別山乗越(12:20-12:40)− 雷鳥荘(14:00)



今日の天気は期待できそうです!
朝イチの滑走は、ボッコボコの固い斜面を気合いで滑りました。



別山〜剣沢まで出かけます。


固い雪面のトラバースは、スキーアイゼンが必須。


別山乗越から、さらに別山(2,874m)ドロップを狙って稜線を進みます。


残念ながら別山は雪が融けてしまっていたので、ひとつ手前のピークからドロップすることにしました。
昨年の11月以来、半年ぶりに剱岳と再会です。



少し雪が緩むのを待ってから、誰もいない剣沢へドロップ。


雪もベストなコンディションで、気持ちよくターンを決めました。


で、のんびりと剣沢を登り返します。


奥大日岳と地獄谷方面。 この後の雷鳥沢の滑りも期待できそうです。


雪がいい感じに緩んでいました。 この広大な沢を独り占めです。


クラックやら落石やらタテ溝だらけだけど、意外にもイケます。
さすがに沢のボトムはギャップが大きすぎて発射しそうでしたが、上部はまずまずの滑走を楽しみました。

雷鳥荘に戻った後は、昨日と同じルーティーン。
ダメ人間になりそうです…。


5月15日(金) DAY 3

雷鳥荘(07:35)− 一ノ越(09:20)− 雄山谷(10:00)− 東一ノ越(11:07-11:20)− タンボ平 − 黒部平(12:00)− 扇沢(14:00)



黒部ケーブルカーが復旧したので、最終日は東一ノ越から黒部平へ向かいます。
まずは、一ノ越から御山谷を快適ツーリング。



どこかの現場監督かと思ったら相棒だったぜ。 いや、首のタオルがね…。 いや、イケてます。


登山道と雪面のミックス帯を東一ノ越まで歩きます。


こんなトラバースを3回ほど繰り返して40分位歩く。


…と、トレースの近くに熊の足跡を発見! でかい。
熊もトレース泥棒するのかぁ。



灰色の雲に追われて東一ノ越に到着。 タンボ平には日が差していてのどかな雰囲気でした。
デブリやクラックでギタギタの斜面を、MPPと闘いながら滑べります。



それなりに滑走を楽しみながら、黒部平まで滑り込みました。
最後まで充実していたなー。



行きも帰りもアルペンルートでスキーヤーは自分たちだけでした。
前回と同じく、充実した気持ちで帰路につきました。


さて、今回はコンディションが悪いハズレ年だったにもかかわらず、満足度の高い山行になりました。
良い斜面を繋げられたことと、気の合うパートナーのおかげかな。
また半年後には立山に戻ってきます!

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM