スルヤピーク 5144m

  • 2018.12.01 Saturday
  • 23:00

山岳医療研修@ネパール

2018.11.26-12.1

 

国際登山医学会に合わせて企画された山岳医療研修旅行に参加してきました。

カトマンズから悪路をバスに揺られること5時間。

途中、山道のスレ違いが出来なくなる緊迫のシーンなどもありつつ、ドゥンチェ(1960m)に到着。

©Kenro Nakajima

©Kenro Nakajima

1日ずつシンゴンパ(3320m)⇒ラウナビヤ(3910m)⇒聖地ゴサインクンド(4380m)と標高をあげていきます。

毎日天気が良く、4年間に登ったマナスルまで見渡すことができました。

今回の旅のバラサーブ(隊長)は天国ジジイで有名な(?)登山家の貫田さんです。

シンゴンパではYAK(正しくはNAK)のチーズを購入。

©Kenro Nakajima

ゴサインクンドは湖の綺麗なヒンドゥ教の聖地のひとつ

そして今回のサーダーは昨年のアマダブラムでもお世話になったPasangです。

気心の知れたSherpaさんが一緒なのはとてもリラックスできます。

ゴサインクンドでは実際にプレッシャーバッグ、酸素ボンベを使用して低酸素や高度障害の改善の体験を行いました。

幸い自分は高度障害の症状はでなかったので、毎晩ビールやククリラムを楽しむことができました。

 

©Kenro Nakajima

ゴサインクンドから目指したのはこちらのスルヤピーク(5144m)

 

トレッキングピークだと油断していたら、思いのほか浮石の多いガレ場で、リハビリ中の足には少しつらかった。

でも、装具を付けて無事に山頂に立つことができました。

今回アテンドして下さったのは、三浦隊メンバーでもある山岳医の第一人者の大城先生と、

シスパーレ未踏ルート登攀でピオレドール受賞された登山家の中島健朗さんという豪華メンバーでした。

©Kenro Nakajima

怪我をしていなかったら行くこともなかなかないトレッキング。

色々な出会いもあり、とても充実した満足度の高い旅となりました。

 

記:矍

 

 

 

AmaDablam(6852m)

  • 2017.11.21 Tuesday
  • 23:00

2017.10.16−11/9 

ネパールのAmaDablam(5862m)遠征

無事登頂して参りました。

動画を作成してみましたのでご覧ください。

 

 

Monte Rosa 4634m

  • 2015.08.21 Friday
  • 23:00
モンテローザ 4634m
2015/08/20-21
高濱:ガイド登山
(計7名)

ヨーロッパの第2峰、スイス最高峰のモンテローザへ行って来ました。
マッターホルンが入山出来ず、その他のアルプスも降雪で軒並み希望薄。
そこで、別のマッターホルン予定の日本人も巻き込んで3パーティー計7人でモンテローザの山頂を目指しました。


元々ロングルートなので、ラッセルが厳しい事が予想されたので、スーパー奥ので、ヘリで4000m超まで入山しました。
そこから一番手前のピークまではチェコチームのトレースがありました。
それでもかなり深い・・・

チェコチームはこのピークで下山。

ここからはノートレース。ガイドさんが先行して私は2番手。

トレースのない雪の被った岩稜。ルーファイもロープワークも厳しい。
とても個人では無理。

山頂へのファイナルステップ
無事山頂に到着しました。
ヘリ登山なので登頂とは言えないですが・・・

そこからの下山は往路とは異なるのですべてがノートレース。
ラッセルしてフィックスを掘り出して、クレバスの間をかいくぐって・・・
大変なのはガイドさんですが小屋到着21時で予備日も使うという中々の冒険でした。

 

リッフェルホルン 7Pマルチ

  • 2015.08.18 Tuesday
  • 23:00
リッフェルホルン クライミング
2015/08/18
高濱:ガイド登山(飛び入りの現地スタッフさん含め4人)

雪で4000mでの順応は出来ないため、イッてQでイモトがテスト登山で登っていたリッフェルホルンでクライミングをして来ました。

イモトが登ったのは左側のリッジ

更に裏に回り込んだ岩壁の一番左端のegg4bというのを登って来ました。
デシマルだと5.8くらいですね


今回はガイド登山なんですが、ワガママ言って全7P中、6Pリードさせてもらいました。シングル2本でセカンドのガイドさんがバックロープ引いて上がって、私のリードのビレイと同時にサードと4人目のビレイもするという離れ業システムです。
ちなみにリードのビレイはムンター。


眼下には氷河。モンテローザやリスカムを眺めながらの贅沢クライミング。

右のフェースのピンを飛ばしてディエードルからちょっとしたオーバーハング。5.9くらい??ちょっと緊張しました。

リッフェルホルン 2927m 登頂〜♪
通常の倍以上の時間がかかってしまいましたが、とても楽しめました。

ブライトホルン 4164m

  • 2015.08.17 Monday
  • 23:00
ブライトホルン
2015/08/17
メンバー:高濱他1名

相棒と二人でヨーロッパアルプスで一番登りやすいと言われるブライトホルンに登って来ました。

数日前の降雪が心配だったので遅めにスタートしましたが心配不用なほど沢山の登山者が列をなしていました。

持って行ったのは7.5mm 20m

順調にコースタイムより30分早く登頂しました。
順応はバッチリです。
が、目的のマッターホルンのリオン稜はイタリア側で崩壊があったようで閉鎖中。はて、どうするか。