唐松岳

  • 2018.03.31 Saturday
  • 23:00
2018年3月31日
メンバー:S、K津、まとの

佐久4:30ー白馬村6:00ー八方池山荘8:10ー上のかんば9:35ー丸山10:30ー唐松岳11:44ー上のかんば13:10ービーコントレーニング ー八方池山荘14:55

昨年12月に行った雪上訓練の唐松岳は悪天候で登頂出来ず、リベンジを誓ったSさんをリーダーに、快晴100%の予報の日に行ってきました。
始発のゴンドラに乗るべく、早出してきたもののすでに大勢の先着が。チケット売り場には150人ほどの列ができる。八方池山荘に着くと、大勢の登山者がすでに列になって尾根を歩いてる。初めて使うビーコンチェッカーを使用後歩きだす。
気温はマイナスであるものの、すでに汗をかきそうな感じで、薄着で歩きだす。
雪は場所によって硬いところとザラメ状の所あるが、アイゼン無しで登って行く。
グリベル率76%の我々以外の皆さんはアイゼンを装着している。我々は上のかんばからと唐松頂上山荘下のコルからアイゼンを履く。
唐松岳山頂の混雑には開口だが、ロケーションの素晴らしさには変えられない。

午後になるとザラメは更にまし、アイゼンを脱いで下りる。時間に余裕があったので、途中でビーコントレーニングをして下山した。
それにつけても、30〜40代の登山者が多いことを実感。装備はいい物を持っているけど、明らかに初心者同士のパーティーも多く、アクシデントにどれだけ対応できるのか心配してしまう。最近の遭難事故が低年齢化している事も偶然ではない気がする。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM