岳沢春山合宿

  • 2018.05.07 Monday
  • 20:18
岳沢春山合宿
2018年5月3日〜6日

メンバー:CLまとの、SLえんちゃん、K津、A井、S会長

ゴールデンウィーク前半は、非の打ち所がない晴天続きであったが、後半は5〜6日がなんとか回復する予報で、しょぼしょぼ雨の中、佐久を出た。
5月3日
佐久5:20→沢渡7:30→上高地9:00→岳沢BC12:20
天気が悪いからだろうが、ゴールデンウィークとは思えない静かな上高地は、雨具を着るか着ないか微妙な感じ。暑くなりそうなので着ないで出発。重荷に喘ぎつつ岳沢入り口から登山道に入ると、ななんと、登山道が川に!昨日よっぽど降ったのか、ベテラン先輩もこの時期でははじめてらしい。

川状登山道もいつしか通常登山道に戻り、岳沢カールまで行く。雪が無い…雪渓が無いので、雪の残った夏道を小屋まで歩く。

小屋のテン場は空いていたが、指定されたトコにテントを設営する。

早速にビールで入山祝いの乾杯をすると、訓練する気も失せ、飯の支度に入る。今回の食担さんはたっぷり生鮮野菜とお肉、豆腐などを用意してくれ、重たかったが豪華な食事となった。初日はすき焼き。

夕方から風と雨が強くなり、雪に変わった。
5月4日
4時に起きるが、強風と雪。モチベーションも上がらずに二度寝する。本日は停滞とする。会長がビールを担いで上がって来てくれた。「なんだ、訓練してねーな」と言われつつも、そのまま宴会に突入。昔話から国際問題まで幅広く会話を楽しんだ。晩飯はキムチ鍋。
5月5日
早朝から風と雨が降っている。しばらく様子見して、それでもとテン場近くに訓練に出かけた。会長のアドバイスで、氷化した雪面を、アックスのブレードを使ってスタンスのカッティングをする。会長が下山してから、フィックス技術や竹棒デッドマン、スノーポラードでの下降実証、スタンディングアックスビレーの訓練を行った。スタンディングアックスビレーでは、ロープの制動停止の時に、流したロープでテムレスが溶けるのが実証された。今年新調したのに(涙)

午後から天気が回復してくる。

晩飯は豚汁。
5月6日

BC5:40→前穂高岳9:05→BC11:20→上高地16:30 岳沢の上にも3日。ようやく晴天になり、奥明神沢から前穂高岳を目指す。

沢の状態は良好で、アイゼンをきかせて登って行く。途中、長野県連のシラビソ山の会パーティーとすれ違った。若い女の子も何人かいて賑やか。こっちはオジサン3人。がら空きの山頂で絶景を楽しみ下降に向かう。

下りは腐り始めた急な雪面を緊張しながら下降する。明神からたくさんの登山者が下ってくる。テン場に戻り、また重荷に喘ぎつつ上高地まで戻り今年の合宿を着る終えた。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM