黄蓮谷右俣

  • 2018.12.27 Thursday
  • 23:00
甲斐駒ケ岳 黄蓮谷右俣

2018/12/26〜27
メンバー:まとの、O塚
報告:まとの

26日晴れ
竹宇駒ケ岳神社7:20⇒五合目12:10⇒六丈の沢下降、坊主の滝14:00⇒坊主の滝上でビバーク15:00

はじめての甲斐駒ケ岳、黄蓮谷で不安70パーセント期待30パーセントで朝の神社駐車場に集合。平日のせいもあってか車は数台だけ。長〜いで定評のある黒戸尾根に入る。今回は天気が安定する二日間で下りてくる計画で、軽量化してルート上でビバークなのだが…重い。。不安が5%上がる。刃渡りの下から路面が凍結してくるが雪は少ない。黄蓮谷への下降は六丈沢から。急な沢だか雪が少ないせいもあり、問題なく坊主の滝下部へ降り立つ。休む間も無く、O塚君に急かされ滝に取り付く。氷の氷結はまーまー、O塚君リード。滝の上は広くて快適なビバークポイントがあった。アルファ米と味噌汁とハムのディナー後就寝。わりと暖かく夏用シュラフでも寒くはなかった(個人の感想)



五合目から七丈の滝を望む
坊主の滝上の快適なビバークサイト


左俣の様子、チムニー滝は完全につながっていないように見える。


27日晴れのち雪

坊主の滝3:30⇒甲斐駒ケ岳12:00⇒五合目15:30⇒甲斐駒ケ岳神社20:00
2時起床、二人ともあまり眠れず。買ったばかりジェットボイルの高性能ぶりを二人して褒めちぎりながらチキンラーメンをすすり3時半発。最初の滝のみロープを出したが、あとはフリーで行く。奥千丈の滝は雪で埋まっていた。所々きわどいミックスで沢を詰めていく。アメ車並みのパワーで終始O塚がラッセルしてくれる。こちらは中古の軽並みで、ついて行くのがやっと。最後の尾根に取り付くところで、隣の尾根に取り付いてしまい、バリエーションルートを1本余計にこなして12時山頂着。




天気は冬型になり雪雲が広がってきた。早々と山頂を後に下山する。七丈小屋で長い下山に備え水を作る、ここでもJB活躍。刃渡りを過ぎた辺りから陽が暮れだす。あとはGPSで現在地を確認するO塚君の残念なお知らせを度々聞きながら、ヘロヘロになって駐車場にたどり着き、17時間半の行動を終了した。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM