鋸岳〜甲斐駒ケ岳縦走

  • 2019.03.27 Wednesday
  • 23:00
2019/3/25〜27
鋸岳、甲斐駒ケ岳縦走
メンバー:まとの、e島、他1

3/25
尾白川P6:00→戸台P8:40→角兵衛沢コル手前幕営16:40

尾白川Pにて、東京から参加のNさんと落ち合い戸台へ向かう。少し前に降った南岸の雪を心配してワカンを持ってきたが、迷わず置いて行くこととした。戸台河原歩きで何回か渡渉、水量は少ない。

河原をして後に角兵衛沢を目指す。初めてなので、沢を間違えそうになったが、YAMAP様のGPSのおかげで角兵衛沢に戻る事が出来た、有り難や。
樹林とガレ場の出始めの所に大きなデブリがあり、ガレ場はほぼ落ちきっていた。

コルは見えるもののなかなかたどり着けない。やはり八ヶ岳とはスケート間が違う。テン場なんてあんの?と考えながら登る事しばし、なんとか張れそう所を見つけ幕とする。ディナーは食担渾身のタイ風グリーンカレー(激辛)。カプサイシンの力を借りてホットに就寝。



3/26
幕営地6:20→鹿窓8:25→甲斐駒ケ岳16:30→七丈小屋18:10
昨夜のカレーのホットさが、まさか朝の儀式にも現れるとは…朝食はピリ辛ラーメン(中辛)
コルから小ギャップ、鹿窓は思ったより近く、まとまってある感じ。


鹿窓を懸垂で1ピッチ降りてから、しばらく下り、噂のトラバースはやはりおっかない感じ。雪が硬かった良かったが、緩んでいたら恐ろしい。
中の川乗越への下りは、見事な点発生雪崩を横目に一気に下りる。甲斐駒ケ岳は遥か彼方。六合目石室までは登ってはズボリ、下ってはズボリで消耗する。
石室から甲斐駒ケ岳までが、また遠かった!疲れた体に応える、またもやの「見えるけど着かない」。でも、いつかはたどり着くのでありました。



なんとか明るいうちに七丈小屋にたどり着き、暖かい小屋で過ごさせていただきました。

3/27
七丈小屋8:00→尾白川P12:30
小屋のスタッフの方々と別れを告げ、下山はアッと言う間に駐車場でした。黄蓮谷の帰りは、永遠に感じなのに…
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM