旭岳東稜

  • 2019.04.03 Wednesday
  • 23:00
2019/4/2〜3
旭岳東稜
メンバー:まとの、えりちゃん

4/2
美森駐車場6:40→出合小屋10:00→ラッセルでルート工作14:00→出合小屋15:00

3月に企画したが、直前の大雪で中止した山行のリベンジ。しかしながら、今回も数日前に雪が降って、ラッセルは覚悟の入山。

出合小屋まではたいした雪はない。今回も小屋をベースに使わせてもらう事にした。余分な装備を小屋にデポして、ルートの下見と工作に行く。上の権現沢に入ってすぐの斜面から取り付く。しばらくはたいした積雪じゃなかったが、高度を上げるに連れて膝ラッセルと化してくる。休憩のとき、ザックを開けテルモスを出すと何故か軽い…中蓋が緩んでいる…慌ててザックの中を見ると、見事にロイヤルミルクティーが放出されて、ダウンジャケットがほぼ全てを吸い込んでいる。ロイヤルブルーのダウンジャケットをザックに仕舞い、ブルーな気持ちを引きずりつつ、明日のためにラッセルを続ける。右を巻く岩稜を確認してから小屋に戻る。

小屋に戻ると、デポしてた食料がネズミに少し荒らされていた。枯れ木を集めて、薪ストーブに火を入れる。ダウンジャケット他、ロイヤルミルクティー漬けの装備を乾かしつつ夕食調理。トマトパスタとポテトサラダ。
ネズミに食料をこれ以上やられないように、残りの食料は小屋に張ったツエルトの中に入れ就寝。夜中もネズミがガサガサうるさい。
4/3
起床4:00→発6:20→五段の宮11:00→旭岳山頂14:50→ツルネ16:00→出合小屋18:10→美森駐車場20:45
朝起きて、シュラフの横に置いてある相棒の行動食の袋が荒らされてる!ネズミがツエルトに入って来てたのか?と思ってよく見たら、ツエルト破って漁ってた!なんてこった。

気を取り直し、朝食をとり出発する。昨日ラッセルしておいて所まではサクサクと進む。岩稜を右に巻くが、雪壁に近い所もあり、トラバースは一人づつ慎重に進む。交代しながら樹林帯のラッセルを続け、五段の宮が見えてくる。急な斜面、雪崩た跡もあり慎重に雪崩ラインを外して登る。五段の宮は左を巻いたが、思いのほか悪かった。アックスが刺さるような草付きは無く、完全にミックスクライミング。2ピッチで雪稜へ出る。キノコにはなってなかったが、綺麗なナイフリッジ。


最後のリッジを登っていると、長野県警のやまびこ1号が飛んで来た。定期パトロールの様子。ほどなく旭岳山頂に飛び出した。

時間が押しているので、急いでツルネに向かう。ツルネ上部で何回か尾根を間違いそうになりつつ、GPSで軌道修正しながら、なんとか明るいうちに出合小屋まで戻る事がで来た。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM