春山合宿

  • 2019.05.05 Sunday
  • 23:00
越後三山縦走
2019/5/3〜5
メンバー:まとの、遠ちゃん、E塚、H里、A井、E島

5/3
八海山ロープウェイ発8:40⇒千本檜小屋12:00⇒八海山⇒入道岳 幕営18:00

前夜入りで、下山予定の銀山平に車をデポしてくれてるチームと当日入りチームが八海山ロープウェイ駅に集合。天気はまずまずだ。地元の自然指導員の方から、雪は締まっていて輪カンは不要の情報をいただき、輪カン、スノーバー、バイルは置いて行く事にする。
情報どおり雪は締まっていて快適に歩ける。我々の先に先行パーティが1組見える。数人の方が下って来て、八海山から先は不安なので降りて来たとの事。千本檜小屋まで問題無く進む。



最初の核心、八海山八峯は鎖は出ているようす。




人数が多いので、鎖場の通過に時間がかかるが、問題無く通過。入道岳をすぎ、本日の目的地、五竜岳への下りから急にガスが出てきて、向かうべき尾根がわからない。尾根と雪庇の境目、地形そのものすら全くわからない状態になる。ロープを付けて偵察する。なんとか尾根は分かったが、その先が全く見えない。諦めて、入道岳の山頂付近登山道に無理矢理テントを張る。

テントの半分は石の登山道、残り半分は笹の薮という、かなりファンキーなテント内で、夕食をとり翌日の水を作って22時就寝。
5/4
起床3:00幕営地発5:20⇒五竜岳⇒オカメノゾキ⇒御月山幕営地18:00





快晴!地形もバッチリわかる。朝イチから細尾根の連続。



よく締まった雪稜をアイゼンをきかせて進む。何ピッチかロープを出して、フィックスして通過するが、やはり人数が多いので時間がかかってしまう。ロープ1本は失敗した。オカメノゾキもルートがよく分からず、E塚さんが苦労の末に突破する。しかし、我々のほかに全く登山者がいない、連休なのに。
今晩は平らな所に寝たい。平坦地を探して、暗くなるギリギリで御月山に適地を発見、幕営とする。


夕食、水作りを終え23時就寝。

5/5
起床3:00幕営地発5:00⇒中ノ岳6:30⇒十字峡12:00

昨夜、協議の結果駒ケ岳には行かず、十字峡へ下る事にする。中ノ岳まで順調に進む。

十字峡からロープウェイまで帰る、タクシーの手配をしながら、高度を下げる毎に増す暑さに喘ぎながら下山した。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM