赤岳天狗尾根

  • 2016.04.16 Saturday
  • 23:09
赤岳天狗尾根
2016/4/16
メンバー:Kさん・えんちゃん・まとの


過去に2回途中敗退している因縁の天狗尾根にリベンジを挑んだ。
今年は雪が少なく、それならばとワンデイアッセントで計画した。
早朝の美し森駐車場にダブルアックスの3人組が。一体どこを登るんだろう…
我々も身支度を整え、5時40分出発する。


堰堤上までは雪はなく、「冬靴のソールが減る」とぼやきながら歩く。
沢の水量が多く、徒渉に難儀した。

天狗尾根の下部樹林帯は、所々に氷状の雪があり、アイゼンを付けては外しの繰り返しで、時間と体力を消耗した。
樹林を抜けるまでもうひと頑張り。
下部岩壁は、右からフィックスを使いトラバースし、草付きをフリーで直上。
草付きは凍っておらず、中途半端のドロドロ状態壁にアックスを打ち込みながら登る。


登ると大天狗がドカンと見えてくる。

基部を回り込み。

1箇所悪いトラバースがあるのでロープを出した。

フィックスにしてセカンドはフリクションノットで通過。

小天狗を超え、ちょっと雪稜っぽいところを上がって稜線にでた。

その後はキレットを下り、ツルネの上り返しを愚痴り、登ってきた天狗尾根に癒され、グサグサ雪の
ツルネ東稜を下り、朝より水量の増した沢を徒渉し、無口に林道をひたすら歩き、19時すぎにヘロヘロ
になって駐車場にたどり着いた。
3人ともヘトヘトだったが充実感のある山行ができた。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM