立山 春スキー 2016

  • 2016.04.20 Wednesday
  • 23:00


立山 春スキー 2016 前編

2016年4月19-20日
メンバー:サイゴ、こぬぱん


何度も言いますが、一年で一番楽しみにしている立山スキーです。
例年だと気温が上がるGW明けを狙っていくのですが、
今年は雪が期待できそうにないので、連休前にしてみました。

4月19日
DAY 1


↑ この時期のアルペンルートは激混みするので要注意です。
扇沢8時〜室堂10時に到着。 ピ、ピーカンではないですか!


↑ しかし、あっという間にガスに包まれてしまい、冬さながらに変貌してしまいました。
二日前に雨が降り、その後も気温が低かったためアイスゲレンデと化しています。


↑ 視界10mのガスの中、プチリングワンデリングして、なんとなくミクリガ池へ。
ようやくガスは晴れましたが、どこもかしこもガリガリ君やぁ。


↑ ところが、地獄谷東側の斜面に飛び込むと、いい感じに雪が緩んでいました。
風の影響が少ないことと、地熱が高いせいか?
しつこく4回登り返して滑りまくりました。


↑ 雷鳥カワユス

雷鳥荘にチェックインしてからは、
ビール → メシ → 温泉 → 気を失う のいつものルーティーン。
 

4月20日
DAY 2




↑ 高気圧来ましたよ、と。
今日は雷鳥沢〜龍王岳〜東一ノ越〜タンボ平〜黒部平駅の行程です。


↑ 雷鳥沢中間部からはカッチカチだったので、アイゼン登高に切り替えます。
何人か滑落しているのを目撃しました。


↑ 誰もいない雷鳥沢。 下部は雪が緩んできて快適になりました。


↑ 龍王岳を狙ったんですが、一ノ越は暴風で稜線に出られなかったので、
あきらめて東一ノ越へトラバースを開始しました。


↑ 微妙な軟雪で、緊張します。


↑ 期待していた東一ノ越は、ガリガリでした。
自分が削った氷の破片が追いかけてきて、バンバン当たって痛いッス。


↑ しかーし、いつもデブリで苦しむ中間部からは、この日一番のコーンスノーが!
こんなに楽しくタンボ平を滑ったのは初めてです。


↑ 珍しく動画を撮ってもらったので、アップしてみました。


↑ 終電間際の黒部ダムにも、たくさんの観光者がいて驚きました。
今年からスキーケースの使用が義務付けられたので、こんな姿になっています。

さて、今回はハズレかと思いきや、最後の最後にご褒美が待っていました。
悩んでいないで来てみるものですね。




 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM