岳沢春山合宿

  • 2018.05.07 Monday
  • 20:18
岳沢春山合宿
2018年5月3日〜6日

メンバー:CLまとの、SLえんちゃん、K津、A井、S会長

ゴールデンウィーク前半は、非の打ち所がない晴天続きであったが、後半は5〜6日がなんとか回復する予報で、しょぼしょぼ雨の中、佐久を出た。
5月3日
佐久5:20→沢渡7:30→上高地9:00→岳沢BC12:20
天気が悪いからだろうが、ゴールデンウィークとは思えない静かな上高地は、雨具を着るか着ないか微妙な感じ。暑くなりそうなので着ないで出発。重荷に喘ぎつつ岳沢入り口から登山道に入ると、ななんと、登山道が川に!昨日よっぽど降ったのか、ベテラン先輩もこの時期でははじめてらしい。

川状登山道もいつしか通常登山道に戻り、岳沢カールまで行く。雪が無い…雪渓が無いので、雪の残った夏道を小屋まで歩く。

小屋のテン場は空いていたが、指定されたトコにテントを設営する。

早速にビールで入山祝いの乾杯をすると、訓練する気も失せ、飯の支度に入る。今回の食担さんはたっぷり生鮮野菜とお肉、豆腐などを用意してくれ、重たかったが豪華な食事となった。初日はすき焼き。

夕方から風と雨が強くなり、雪に変わった。
5月4日
4時に起きるが、強風と雪。モチベーションも上がらずに二度寝する。本日は停滞とする。会長がビールを担いで上がって来てくれた。「なんだ、訓練してねーな」と言われつつも、そのまま宴会に突入。昔話から国際問題まで幅広く会話を楽しんだ。晩飯はキムチ鍋。
5月5日
早朝から風と雨が降っている。しばらく様子見して、それでもとテン場近くに訓練に出かけた。会長のアドバイスで、氷化した雪面を、アックスのブレードを使ってスタンスのカッティングをする。会長が下山してから、フィックス技術や竹棒デッドマン、スノーポラードでの下降実証、スタンディングアックスビレーの訓練を行った。スタンディングアックスビレーでは、ロープの制動停止の時に、流したロープでテムレスが溶けるのが実証された。今年新調したのに(涙)

午後から天気が回復してくる。

晩飯は豚汁。
5月6日

BC5:40→前穂高岳9:05→BC11:20→上高地16:30 岳沢の上にも3日。ようやく晴天になり、奥明神沢から前穂高岳を目指す。

沢の状態は良好で、アイゼンをきかせて登って行く。途中、長野県連のシラビソ山の会パーティーとすれ違った。若い女の子も何人かいて賑やか。こっちはオジサン3人。がら空きの山頂で絶景を楽しみ下降に向かう。

下りは腐り始めた急な雪面を緊張しながら下降する。明神からたくさんの登山者が下ってくる。テン場に戻り、また重荷に喘ぎつつ上高地まで戻り今年の合宿を着る終えた。

唐松岳

  • 2018.03.31 Saturday
  • 23:00
2018年3月31日
メンバー:S、K津、まとの

佐久4:30ー白馬村6:00ー八方池山荘8:10ー上のかんば9:35ー丸山10:30ー唐松岳11:44ー上のかんば13:10ービーコントレーニング ー八方池山荘14:55

昨年12月に行った雪上訓練の唐松岳は悪天候で登頂出来ず、リベンジを誓ったSさんをリーダーに、快晴100%の予報の日に行ってきました。
始発のゴンドラに乗るべく、早出してきたもののすでに大勢の先着が。チケット売り場には150人ほどの列ができる。八方池山荘に着くと、大勢の登山者がすでに列になって尾根を歩いてる。初めて使うビーコンチェッカーを使用後歩きだす。
気温はマイナスであるものの、すでに汗をかきそうな感じで、薄着で歩きだす。
雪は場所によって硬いところとザラメ状の所あるが、アイゼン無しで登って行く。
グリベル率76%の我々以外の皆さんはアイゼンを装着している。我々は上のかんばからと唐松頂上山荘下のコルからアイゼンを履く。
唐松岳山頂の混雑には開口だが、ロケーションの素晴らしさには変えられない。

午後になるとザラメは更にまし、アイゼンを脱いで下りる。時間に余裕があったので、途中でビーコントレーニングをして下山した。
それにつけても、30〜40代の登山者が多いことを実感。装備はいい物を持っているけど、明らかに初心者同士のパーティーも多く、アクシデントにどれだけ対応できるのか心配してしまう。最近の遭難事故が低年齢化している事も偶然ではない気がする。

阿弥陀岳南稜

  • 2018.03.12 Monday
  • 23:00
2018年3月12日
メンバー:K津、まとの

船山十字路6:20ー立場山9:10ーP1 10:45ー阿弥陀岳12:35ー中央稜ー船山十字路16:53

快晴を狙って、日帰りで行って来ました。船山十字路から堰堤を越え、尾根に取り付く急登からガリガリに氷化していてアイゼンを装着する。尾根に上がると日当たりの良い所は乾いていたので、いったんアイゼンを外すが、立場山への登りあたりから再び氷化が激しく装着する。
気温マイナス10℃ほど、雪もしまっていて、快適にP1まで行く。

核心のP3のルンゼは落ちればアウトだが、雪の状態も安定していたので、ロープは出さず、ダブルアックスでスピーディに登る。登っていたら抜け口あたりにザックがぶら下がっているのが見え、遭難者か??と思って声かけするが返事なし。上がってみたら、大型ザックが終了点のボルトに固定してあった。敗退デポか??


P4のトラバースと、数メートルの登りがやや不安定だったがノーロープで通過。

誰もいない山頂に立ち、早々に降りの中央稜へ向かう。
摩利支天から降りて、中央稜に向かうトラバースが悪かった。午後から気温が上がり、雪が腐ってきたのでズボリはじめる。
第1岩峰の巻道が見つからず、しばしズボリながら探すと、南側の樹林を少し降り、ルンゼの先にルート発見し一安心。その先はズボッては抜けを繰り返し、体力を奪われながら降って行く。雪がなくなってくると、今度は完全氷結の急な坂道。丸まったアイゼンの歯がたたずに、苦労して沢まで降りた。たまには研がなきゃと反省して帰路につく。

八方尾根 雪上訓練

  • 2017.12.17 Sunday
  • 23:00
北アルプス 八方尾根

メンバー:えんちゃん、まとの、K津、 S、U野(上小山の会)

天気予想図は低気圧の通過した後、やや強い冬型になる予想。入山前から悪天は想定内のスタート。ゴンドラとリフト1本乗り継ぎ、まだ動いていないリフト下から、輪かんを付けて歩き出す。
B Cスキーヤーのトレースがあり、それほど苦労せず八方山まで行く。問題は今夜の低気圧の通過でどれだけ降られるかだ。下山の事も考えて、あまり突っ込まずに、適当な場所で幕営する。
幕営後、雪面にピットを掘って雪質テストをする。雪はかなり安定していた。
夕方から風、雪ともに強くなる。2時間おきに、交代でテントの周りを除雪する。
2日目は吹雪になり、とにかく下山とした。気温マイナス8℃、風速13m(おそらく)、悪天候での行動とラッセルを存分に楽しめた訓練となった。






春日アイス

  • 2017.12.03 Sunday
  • 23:00

春日渓谷

2017.12.3

高濱他 1名

 

春日渓谷は何度か行ったことがありましたが、初めてマルチに出かけてきました。

F1-F4まで氷結していて登ることができました。

F1 羽衣の滝

若干薄めでしたが、スクリューも効きました。F2は右岸の短い氷。

右側の垂直部分をのぼりました。

F3はナメ滝でKくんリード。

リードの練習には最適です。

最終のF4全体に水が流れていましたが、

一番左端の傾斜のある部分が乾いていたのでこちらから。

下降は同ルートを懸垂で降りました。

シーズン初めの手慣らしにはちょうど良かったです。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM