旭岳東稜

  • 2019.04.03 Wednesday
  • 23:00
2019/4/2〜3
旭岳東稜
メンバー:まとの、えりちゃん

4/2
美森駐車場6:40→出合小屋10:00→ラッセルでルート工作14:00→出合小屋15:00

3月に企画したが、直前の大雪で中止した山行のリベンジ。しかしながら、今回も数日前に雪が降って、ラッセルは覚悟の入山。

出合小屋まではたいした雪はない。今回も小屋をベースに使わせてもらう事にした。余分な装備を小屋にデポして、ルートの下見と工作に行く。上の権現沢に入ってすぐの斜面から取り付く。しばらくはたいした積雪じゃなかったが、高度を上げるに連れて膝ラッセルと化してくる。休憩のとき、ザックを開けテルモスを出すと何故か軽い…中蓋が緩んでいる…慌ててザックの中を見ると、見事にロイヤルミルクティーが放出されて、ダウンジャケットがほぼ全てを吸い込んでいる。ロイヤルブルーのダウンジャケットをザックに仕舞い、ブルーな気持ちを引きずりつつ、明日のためにラッセルを続ける。右を巻く岩稜を確認してから小屋に戻る。

小屋に戻ると、デポしてた食料がネズミに少し荒らされていた。枯れ木を集めて、薪ストーブに火を入れる。ダウンジャケット他、ロイヤルミルクティー漬けの装備を乾かしつつ夕食調理。トマトパスタとポテトサラダ。
ネズミに食料をこれ以上やられないように、残りの食料は小屋に張ったツエルトの中に入れ就寝。夜中もネズミがガサガサうるさい。
4/3
起床4:00→発6:20→五段の宮11:00→旭岳山頂14:50→ツルネ16:00→出合小屋18:10→美森駐車場20:45
朝起きて、シュラフの横に置いてある相棒の行動食の袋が荒らされてる!ネズミがツエルトに入って来てたのか?と思ってよく見たら、ツエルト破って漁ってた!なんてこった。

気を取り直し、朝食をとり出発する。昨日ラッセルしておいて所まではサクサクと進む。岩稜を右に巻くが、雪壁に近い所もあり、トラバースは一人づつ慎重に進む。交代しながら樹林帯のラッセルを続け、五段の宮が見えてくる。急な斜面、雪崩た跡もあり慎重に雪崩ラインを外して登る。五段の宮は左を巻いたが、思いのほか悪かった。アックスが刺さるような草付きは無く、完全にミックスクライミング。2ピッチで雪稜へ出る。キノコにはなってなかったが、綺麗なナイフリッジ。


最後のリッジを登っていると、長野県警のやまびこ1号が飛んで来た。定期パトロールの様子。ほどなく旭岳山頂に飛び出した。

時間が押しているので、急いでツルネに向かう。ツルネ上部で何回か尾根を間違いそうになりつつ、GPSで軌道修正しながら、なんとか明るいうちに出合小屋まで戻る事がで来た。

鋸岳〜甲斐駒ケ岳縦走

  • 2019.03.27 Wednesday
  • 23:00
2019/3/25〜27
鋸岳、甲斐駒ケ岳縦走
メンバー:まとの、e島、他1

3/25
尾白川P6:00→戸台P8:40→角兵衛沢コル手前幕営16:40

尾白川Pにて、東京から参加のNさんと落ち合い戸台へ向かう。少し前に降った南岸の雪を心配してワカンを持ってきたが、迷わず置いて行くこととした。戸台河原歩きで何回か渡渉、水量は少ない。

河原をして後に角兵衛沢を目指す。初めてなので、沢を間違えそうになったが、YAMAP様のGPSのおかげで角兵衛沢に戻る事が出来た、有り難や。
樹林とガレ場の出始めの所に大きなデブリがあり、ガレ場はほぼ落ちきっていた。

コルは見えるもののなかなかたどり着けない。やはり八ヶ岳とはスケート間が違う。テン場なんてあんの?と考えながら登る事しばし、なんとか張れそう所を見つけ幕とする。ディナーは食担渾身のタイ風グリーンカレー(激辛)。カプサイシンの力を借りてホットに就寝。



3/26
幕営地6:20→鹿窓8:25→甲斐駒ケ岳16:30→七丈小屋18:10
昨夜のカレーのホットさが、まさか朝の儀式にも現れるとは…朝食はピリ辛ラーメン(中辛)
コルから小ギャップ、鹿窓は思ったより近く、まとまってある感じ。


鹿窓を懸垂で1ピッチ降りてから、しばらく下り、噂のトラバースはやはりおっかない感じ。雪が硬かった良かったが、緩んでいたら恐ろしい。
中の川乗越への下りは、見事な点発生雪崩を横目に一気に下りる。甲斐駒ケ岳は遥か彼方。六合目石室までは登ってはズボリ、下ってはズボリで消耗する。
石室から甲斐駒ケ岳までが、また遠かった!疲れた体に応える、またもやの「見えるけど着かない」。でも、いつかはたどり着くのでありました。



なんとか明るいうちに七丈小屋にたどり着き、暖かい小屋で過ごさせていただきました。

3/27
七丈小屋8:00→尾白川P12:30
小屋のスタッフの方々と別れを告げ、下山はアッと言う間に駐車場でした。黄蓮谷の帰りは、永遠に感じなのに…

西穂

  • 2018.12.16 Sunday
  • 23:00

西穂高岳

 

2018.12.15-16

矍澄γ單

 

 

怪我後初の雪山へ行ってきました。

初日はのんびりと西穂山荘まで。

予想外に天気が悪く、到着早々アルコール消毒・・

夜は折しも双子座流星群のピークということで、流れ星に願い事をしてきました。

翌朝はうって変わって快晴。

気温は高いもののなかなかの強風でした。

強風のせいなのか、独標を過ぎると大勢いた人はぐっと少なくなりました。

核心のトラバースあたりで引き返す人も多く、ピラミッドピークには2,3パーティーのみとなりました。

ピラミッドピークから西穂の間で出会ったのは1パーティのみ。

午後から崩れる予報であったので、先を急ぎました。

人気のない、稜線を楽しみながら慎重に下山。

まだ、雪も少なく短い行程でしたが、強風が冬山風味を演出してくれました。

 

記:矍

 

 

唐松岳

  • 2018.03.31 Saturday
  • 23:00
2018年3月31日
メンバー:S、K津、まとの

佐久4:30ー白馬村6:00ー八方池山荘8:10ー上のかんば9:35ー丸山10:30ー唐松岳11:44ー上のかんば13:10ービーコントレーニング ー八方池山荘14:55

昨年12月に行った雪上訓練の唐松岳は悪天候で登頂出来ず、リベンジを誓ったSさんをリーダーに、快晴100%の予報の日に行ってきました。
始発のゴンドラに乗るべく、早出してきたもののすでに大勢の先着が。チケット売り場には150人ほどの列ができる。八方池山荘に着くと、大勢の登山者がすでに列になって尾根を歩いてる。初めて使うビーコンチェッカーを使用後歩きだす。
気温はマイナスであるものの、すでに汗をかきそうな感じで、薄着で歩きだす。
雪は場所によって硬いところとザラメ状の所あるが、アイゼン無しで登って行く。
グリベル率76%の我々以外の皆さんはアイゼンを装着している。我々は上のかんばからと唐松頂上山荘下のコルからアイゼンを履く。
唐松岳山頂の混雑には開口だが、ロケーションの素晴らしさには変えられない。

午後になるとザラメは更にまし、アイゼンを脱いで下りる。時間に余裕があったので、途中でビーコントレーニングをして下山した。
それにつけても、30〜40代の登山者が多いことを実感。装備はいい物を持っているけど、明らかに初心者同士のパーティーも多く、アクシデントにどれだけ対応できるのか心配してしまう。最近の遭難事故が低年齢化している事も偶然ではない気がする。

八方尾根 雪上訓練

  • 2017.12.17 Sunday
  • 23:00
北アルプス 八方尾根

メンバー:えんちゃん、まとの、K津、 S、U野(上小山の会)

天気予想図は低気圧の通過した後、やや強い冬型になる予想。入山前から悪天は想定内のスタート。ゴンドラとリフト1本乗り継ぎ、まだ動いていないリフト下から、輪かんを付けて歩き出す。
B Cスキーヤーのトレースがあり、それほど苦労せず八方山まで行く。問題は今夜の低気圧の通過でどれだけ降られるかだ。下山の事も考えて、あまり突っ込まずに、適当な場所で幕営する。
幕営後、雪面にピットを掘って雪質テストをする。雪はかなり安定していた。
夕方から風、雪ともに強くなる。2時間おきに、交代でテントの周りを除雪する。
2日目は吹雪になり、とにかく下山とした。気温マイナス8℃、風速13m(おそらく)、悪天候での行動とラッセルを存分に楽しめた訓練となった。






黒斑山🗻

  • 2017.03.21 Tuesday
  • 22:21

2017年03月20日

       さっちゃん親子

 

あまりの良い天気で出かけました。

積雪は50センチはあるかな?

登りはキックステップで何とかクリアー。下りは凍っているところありでアイゼンで。

浅間山がクッキリ!きれいだ〜!

 

権現岳縦走

  • 2017.02.26 Sunday
  • 23:53

2017.2.25-26

権現岳縦走

メンバー:まとの・Sさん・Hくん

 

快晴の土曜日、天女山登山口より入山。けっこう車が入っている。

展望もよく、快適に高度を上げる。

 

ふ、富士山が浮かんでる!! ってなバカ話をしながら歩く。でもけっこうレアかな?

 

三ツ頭までは雪も少なめで、登山者が多いのでトレースもしっかりしている。

権現直下のトラバースも問題なく、権現岳山頂まで歩を伸ばす。

ほとんどの登山者が権現日帰りで、そこから先のトレースひとりだけ。縦走は少ないようです。

権現からハシゴを下っての雪壁のトラバースが核心で面白い。

旭岳までの稜線の雪庇の発達はイマイチであったが、相変わらず美しいラインです。

キレット小屋の少し手前の尾根上で幕営。

深夜から猛烈な風になる。

 

出発時も強風がやまず、赤岳を諦めツルネ東稜を下降する。

風の影響は受けなくていいのだが、ズボりまくるしルートは不明瞭。最後はデブリで埋まった上ノ権現沢を下り出合まで。

 

 

 

大河原峠冬季合宿

  • 2017.01.07 Saturday
  • 23:00
2017/1/7〜9
大河原峠冬季合宿
メンバー:まとの・えんちゃん・みのりん・Sさん・O君・H君

大河原峠なら冬は誰もいないだろうね!の程度ののりで決まった目的地。折しも南岸低気圧が8日に通過するのもわかっていたので、最大の核心は冬季通行止めになる10km以上あるアプローチ。初日はまだ車道にある雪も少なくて、上部まで車で上がり荷上げする。今回は長い車道歩きを想定して、ソリを導入。共同装備を積んで交代で引くことにした。

峠にて幕営。雪はさほどなく、笹がでないような微妙な圧雪で幕営地を設置する。
2日目は天気ももち北横岳に登る。
昼過ぎから雪が降り出す。明けて3日目、30センチの積雪。下山のラッセルに時間がかかるかもしれないので、予定していた蓼科山を中止して下山を開始する。

ひたすら交代でラッセルしながら雪の車道歩き。3時間ほどして車の轍があり、歩きが楽になった。さらに2時間ほど歩くと「除雪されている〜〜」その後会の仲間にピックアップしてもらい、無事車のところまで戻れました。いろいろと心配してもらったり、車でピックアップしてくれた仲間に感謝です!

岳沢合宿 2016

  • 2016.05.06 Friday
  • 22:01

岳沢合宿 2016

2016年5月1日〜3日
メンバー:遠藤・的埜・神津・高橋・松澤・上原


今年もやってきました、岳沢合宿。
初めての人も、久しぶりの人も、毎年皆勤賞の人もみんなひっくるめてレッツらGOです。

5月1日

的埜・松澤・高橋の3名が先発隊として入山。
出発から予想外の雨模様。本降りにならなかったものの曇り空の中を岳沢まで向かいました。




5月2日
訓練日。
近くの沢を選んで、滑落停止・スタンデングアックスビレイなどなどみっちりやりました。
最後ちょっぴりリアル滑落があったりなんかして訓練の成果を試す場も(苦笑)



午後〜夕方にかけて第2陣のメンバーも集合。

5月3日
西穂のコルにアタック。
傾斜がキツ〜い>< 噂に聞く雪庇というものを間近で見て小興奮(笑)
天気が持ってくれたので、コルから見る前穂・笠ヶ岳も美しく。


翌日朝から雨ということで、このままテント撤収・下山となりました。
3日目は下山も合わせて約11時間行動!たっぷり歩き倒しました。

冬の真教寺尾根

  • 2016.01.05 Tuesday
  • 23:00
赤岳・真教寺尾根
2016/1/5
まとの単独


冬季の真教寺尾根に一度登ってみたいと思っていた。ラッセルがあれば最低2日はかかるルートだが、暖冬少雪の今なら、ワンデイで行けると確信、出かけることにした。
美し森駐車場発【4:45】牛首山【7:15】竜頭峰【10:30】牛首山【12:45】美し森駐車場着【14:50】



天狗尾根がカッチョ良い!2回敗退している鬼門ルート。
長い長い樹林歩きの末のお楽しみの上部鎖場。あわよくばミックスぽくなってるかなと期待したがドライでした。
鎖無視でちょっと岩場を楽しむ。


登ってきた真教寺尾根。けっこうカッコ良いと思うんですが…マイナーです。
尾根のピークが竜頭峰。しかし、雪がない…
今回は赤岳のピークは踏まず、ここから下る。目の前にあるのにだぜ ワイルドだろ〜


で赤岳。強風、雪なし、行く気なし。

今回巷で話題の作業用ゴム手袋、「防寒テムレス」を実戦投入。
軍手じゃ寒いな、と感じたあたりから上部まで単体で着用。気温マイナス5℃(推測)風速15m(推測)のコンディションでは極めて快適。岩のホールドのグリップ感もまずまず。しかしながら、気温が高かったからか、やや「手、蒸れてます」状態で、内側のボアがしっとりと…まあ許容範囲か。
そのうちノースフェースあたりが6.380円ほどで商品化しそうな予感が。テムレスは1.500円くらい。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM