岳沢合宿 2015

  • 2015.05.04 Monday
  • 23:00

岳沢合宿 =前半戦=

2015/5/2-6 (投稿者:さいご)

メンバー 遠藤(C.L.)、神津、さいご、花里、高橋


今年の5月合宿は5日間の日程で岳沢にやってきました。
前半組の3人は基礎訓練と西穂高岳&前穂高岳を、
その後、残った2人でコブ尾根&奥穂南稜をやる予定です。

5月2日(土) DAY 1



↑ 河童橋から岳沢を背景に一枚。・・・雪が少ない。


↑ 沢にも雪がなく、夏道を辿りながら岳沢小屋を目指します。
まるで初夏のような天気。

この後、伝統の幕営地が積雪不足で、岳沢小屋のテン場に幕営することにしました。
水は採れるし、トイレは快適だし、酒は冷えてるし。
トモちゃんのテンションが、またまたチョモランマ級に上がります!


5月3日(日) DAY 2

02:00(起床)〜 04:20(出発)〜 11:00-11:00(西穂高岳山頂)〜 15:40(帰営)



↑ 西穂高沢から西穂高岳へ。
当然フツーに登るはずもなく、トレースは使わず全てキックステップ、途中で滑落停止訓練なども行いました。
強い日差しで風もなく、意識が遠のきそうになります。



↑ 西穂高岳(2,909m)に登頂。
稜線には雪がなく、岩を歩きました。雪も適度に柔らかく、例年より難易度が低かったです。



↑ 岩が苦手なトモちんの表情が固まっています。
山は、登りよりも降りが難しいんですよね。



↑ 稜線直下の急斜面でロープの訓練も行った後は、足早に西穂沢を駆け下ります。
以前、ここで雪崩に追いかけられて走って下ったことがあったっけ。
沢の中ではグズグズしていられないので、ペースが上がらないトモちんに禁断のシリセードを教える。


5月4日(月) DAY 3


05:30(起床)〜 08:00(出発)〜 10:40(上高地) 〜 温泉・らーめん・カモシカ 〜 17:00(事務所)

最終日は前穂高岳に登る計画でしたが、夜中から雨が降り始め、一日天候が悪そうだったので下山することにしました。



↑ いろいろありましたが、元気に下山できてなによりです。

それにしても、今回の飯は充実していたなぁ。
水餃子に松阪牛、シーフード入れ忘れた八宝菜とか。

いつも楽しく山で時間を過ごす仲間に感謝です。
来年もよろしく。

雪上訓練@天狗岳東壁

  • 2015.04.19 Sunday
  • 23:00

雪上訓練@天狗岳東壁

2015/4/18-19 (投稿者 サイゴ)
メンバー 的埜、遠藤、小倉、高橋、サイゴ


5月の岳沢合宿に向けた雪上訓練を行いました。
場所は八ヶ岳・天狗岳東壁です。



4月18日(土) DAY 1

6:55 (唐沢橋) − 9:27〜10:45 (テン場 整地・幕営) − 11:30〜16:30 (天狗東壁で雪上訓練) ー 17:00 (テン場 帰着) 


しらびそ小屋で一服。
いつもお世話になっています!



この日の積雪量は少なかったです。
4月に入ってからの降雨が影響したのではないでしょうか。



1日目は、5時間みっちり訓練を行います。
数日前に神津先生が偵察したときのトレースだけが残っていました。



滑落停止の練習です。
右手の位置は、肩の下に入れないといけませんね。

歩行訓練、スタンディングアックスビレイ、スタカット、懸垂下降、フィックスロープの通過、スノーバーの検証など行いました。
お楽しみの夜の宴会は、キムチむちむち鍋でした〜。美味しかったです(鍋は)。

4月19日(日) DAY 2

4:30 (出発) − 5:15〜5:30 (天狗岳東壁・基部) − 9:10〜9:30 (東天狗岳・山頂) − 14:00 (下山)

メンバー2人が仕事の都合で下山し、3人で山頂を目指しました。
核心はルートどうこうじゃなくて、もとちんの体調次第かな。



天狗岳東壁の基部でご来光。気持ちいいね。


歩行訓練も兼ねて、トップを交代しながら歩く。
日が当たる7時位になると、石がビュンビュン落ちてきます。



稜線まで、あと2ピッチ。
ここからは、ロープワークとアイゼン歩行の訓練も兼ねて登ります。
1ピッチ目は的埜アニキがサクサクと。 おいしい2ピッチ目を譲ってくれてサンクスです。



2ピッチ目はトラバース気味になるので支点を多めにとります。
例年だと最後の雪庇が核心なのですが、融けて岩が露出していました。残念。



風が強くなり、雨雲が近づいてきました。
少し早い天候の崩れだったけど、逃げ切りました。



東天狗岳山頂で記念撮影。
『赤岳を背景に』とシャッターをお願いしたら、写ってなかったぜ…。

この後、中山峠で訓練を行う計画でしたが、雨が降り出してきたので撤収することにしました。
訓練ができなかったことで、もとちんが泣いて残念がっていました。

で、今回の反省点を備忘録。
カッパ切り裂け事件、炊飯また失敗事件、寒さに弱いのにまさかのダウンジャケットを忘れる事件、
ネギとニラとシイタケ苦手なんですけど事件、そんなところか。

全体としては時間配分は良かったし、訓練内容も充実していた。
今回の経験を岳沢合宿に生かして、充実した山行にしたいと思います。

 

谷川岳 雪洞泊

  • 2015.03.29 Sunday
  • 23:00

谷川岳 雪洞泊

2015.3.28-29
メンバー:高濱他 1名




久しぶりの登山道歩き。天神尾根は山頂まで蟻の行列のように人が続いていました。


肩の小屋で自家製チャーシュー入りラーメンでお昼ご飯。


好天の中、トマの耳&オキの耳とピークを踏んで来ました。




肩の小屋の少し下に、3時間かけて雪洞を作成。
テントより広々。なかなかよい雪洞が出来上がりました。


夜はすいとん入りキムチチゲで宴会です。
雪洞内は0-4℃で厳冬期用シュラフでは明け方暑くて目が覚めました。


翌朝も予想外の好天に恵まれました。


8時すぎ、下から呼ぶ声に振り返ると山岳医仲間のチッペコが・・
4時から登って来たそうです。


まだ天気は持ちそうなので、西黒尾根から下山しました。
雪洞泊は初めてでしたが、楽しいですねー。

 

遠きP1尾根

  • 2015.03.21 Saturday
  • 23:00

遠きP1尾根

2015年3月21日

小春日和の中、メンバー8人で戸隠に出かけました。
目的は、西岳P1尾根への取り付きへのアプローチ調査。昨年は沢沿いを行き、徒渉、高巻き、泥壁に苦労したので、もう少し楽なルートは取れないかと、M先輩と地形図で確認しながら予想ルートをたどりました。


急な尾根の下りにはスノーシューチームは悪戦苦闘。輪カン組は余裕の下り〜林道に出て、現在地確認と一休み。

スノーシュー、輪カンを履いたまま仲良く徒渉。

美しく、誰もいない連休の戸隠西岳
広々とした雪原に「来年は焼肉やるぞ〜」「来年こそはP1登るぞ〜」思いそれぞれに下山しました。
帰りに戸隠そばを食べによったのは言うまでもありません。     まとの
 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM